小平奈緒さん、ありがとう、ご苦労様

 「私、小平奈緒は、今年10月の全日本距離別選手権の500メートルを競技人生のラストレースとすることを決意しました」。会見冒頭で少し涙を浮かべ、10秒間の沈黙を経てやや言葉を詰まらせながら話し始めた。地元でのレースを最後の舞台に選んだ小平。会見で最も印象的だった。お疲れ様。ご苦労様。

2022年04月14日付のYouTube信濃毎日新聞社「斜面」から。

 生まれ育った茅野市で技術を磨き、伊那市の高校に進み、松本市の病院の支援を受けて長野市を拠点に世界で活躍し続けた。10月で引退することを表明したスピードスケートの小平奈緒選手(35)。被災地でのボランティアに参加するなど他人思いの優しい人柄で知られ、2018年平昌(ピョンチャン)冬季五輪ではレース直後にライバルで盟友の元韓国代表、李相花(イサンファ)さんと抱き合った姿が感動を呼んだ。

4度の五輪に出場したスピードスケートの金メダリストで茅野市出身の小平奈緒(35)が12日、引退を表明した。小平選手の名前が登場したのは小学校5年生だった1996年。五輪初出場となったバンクーバー大会から北京大会までの軌跡を掲載した記事から振り返る。

「追いかけられる立場なのに、何かを追いかけている雰囲気が常にあった」。10月で競技生活に区切りをつけるスピードスケートの小平奈緒さんについて大相撲の御嶽海関がコメントしていた。さすが、大関の言葉は核心を突いている。

 小平さんは23歳で初めて500メートルの日本記録を出した。37秒50。現在の日本記録は36秒47。これは32歳の小平さんだ。「生まれ持った体をスケートを通じて面白く使いこなすのが楽しい」。追われるのではなく、極みを追い続けてきた。

五輪の金メダリストになった時に「メダルを通してどういう人生を生きていくかが大事」と言った。

その肩書は重荷にもなり、出会いを広げてもくれた。

 

2022年04月14日付のYouTube信濃毎日新聞社「斜面」から。

 

信濃毎日新聞社は当会の法人会員です。

2022年04月14日付信濃毎日新聞社から。

信濃毎日新聞社は当会の法人会員です。

長野県人会 会員募集中

 家族会員、法人会員を

 募集中です。 

  ・長野県で生まれた人

  ・長野県で育った人

  ・信州が好きな人

  ・故郷を強く思い中京圏で活躍している現役の人など

  が集っています。

  名古屋長野県人会

  に参加してみませんか。

長野県PRキャラクター「アルクマ」©️長野県アルクマ

長野県へご旅行される際は、旅行前2週間は感染リスクの高い行動を控え、かつ発熱・風邪症状がある、または、10日以内に症状があった場合には、ご旅行を控えるなど、信州版「新たな旅のすゝめ」に沿った対応をお願いします。

長野県人会応援して下さい!

当県人会運営に際しまして、ご理解ご支援ご協力を賜りお礼申し上げます。歴史ある長野県人会の更なる充実と発展のため会員様・法人企業様等からのご支援ご賛同をお願い致します。

長野県移住相談掲示板

長野県内のUターン・I ターン・空き家バンクの各種情報は

掲示板をご覧下さい。

県人会スマホ用URL

法人会員募集中です。

スリートランス 株式会社

      (three-trans.com)

日野製薬株式会社

株式会社 中善酒造店

信州ハム株式会社

     FAX052-851-5405

長野県内の10地域を検索

新型コロナウイルス感染拡大防止措置の為、名古屋長野県人会の各種行事イベントが延期または中止となっています。ご了承下さい。

    TEL 052-251-2121

   (転送電話)    

   FAX:052-851-5405