小正月の伝統行事の「大文字」

長野県箕輪町の無形民俗文化財に指定されている小正月の伝統行事の「大文字」。
 
箕輪町では、北小河内区の漆戸常会、大出区の上村(わでむら)地区で大文字が建てられています。
10メートルもある柱への飾り付けはなかなか大変なこと。
小正月行事として続いているのはすばらしい。
こうした行事が地域コミュニティを守っていくことになるかと。
大文字は、伊那市内にもあり、上伊那地域の小正月の風物詩とされている。
 
 
両地区ともに、1年間の地区の安全、五穀豊穣や無病息災を願うもの。
柱を倒した後は、縁起物としてご家庭へ持ち帰ります。

漆戸常会では、辻にある道祖神近くに建てられます。
この行事の始まりを伝える資料はないものの、江戸時代に天竜川が氾濫し水害が起きたことが起源。
柱の先には太陽に見立てた赤い板が取り付けられいます。
 
説明版によると、
大の字は、大自然の、空、風、火、水、地を表し、一番上に太陽(空)を飾り竹に白い紙で稲穂か水を造りその上に五色の色紙で飾りを造り神に捧げるとされています。
 
こちらは、大出区上村(わでむら)の大文字(でえもんじ)です。
大出区のコミュティセンター近くの辻に建てられます。
 
御幣、巾着、花や柳が飾り付けられます。
以上の記事は長野県箕輪町の町長ブログを引用転載しています。
ご了承ください。
 
 

長野県人会 会員募集中

 家族会員、法人会員を

 募集中です。 

  ・長野県で生まれた人

  ・長野県で育った人

  ・信州が好きな人

  ・故郷を強く思い中京圏で活躍している現役の人など

  が集っています。

  名古屋長野県人会

  に参加してみませんか。

長野県PRキャラクター「アルクマ」©️長野県アルクマ

長野県へご旅行される際は、旅行前2週間は感染リスクの高い行動を控え、かつ発熱・風邪症状がある、または、10日以内に症状があった場合には、ご旅行を控えるなど、信州版「新たな旅のすゝめ」に沿った対応をお願いします。

長野県人会応援して下さい!

当県人会運営に際しまして、ご理解ご支援ご協力を賜りお礼申し上げます。歴史ある長野県人会の更なる充実と発展のため会員様・法人企業様等からのご支援ご賛同をお願い致します。

長野県移住相談掲示板

長野県内のUターン・I ターン・空き家バンクの各種情報は

掲示板をご覧下さい。

県人会スマホ用URL

法人会員募集中です。

スリートランス 株式会社

      (three-trans.com)

日野製薬株式会社

株式会社 中善酒造店

信州ハム株式会社

     FAX052-851-5405

長野県内の10地域を検索

新型コロナウイルス感染拡大防止措置の為、名古屋長野県人会の各種行事イベントが延期または中止となっています。ご了承下さい。

    TEL 052-251-2121

   (転送電話)    

   FAX:052-851-5405