幕末「安政東海地震」 浮かぶ伊那谷の被害 推定「最大6弱」

(注)上記の講座は、新型コロナ感染レベル「5」のため延期になりました。

 江戸時代後期の安政東海地震(1854年)による長野県伊那谷の被害について、飯田市美術博物館の客員研究員がまとめました。20カ所の広範囲で震度6弱~4の揺れがあったと推定され、安政東海地震と同様の東海東南海トラフを震源とする巨大地震の発生が予想される中、地震専門家は「災害の予測に役立つ」と評価しています。

 

 

  この件に関する自然講座が開催される予定でしたが、飯田市が新型コロナ感染レベル「5」のため延期になりました。

 

 伊那谷に被害をもたらした主な歴史地震として、南海トラフを震源とする宝永地震(1707年)や飯田市南信濃が震源の遠山地震(1718年)も調査、宝永地震は約300年前の発生のため、残された被害資料は城や寺などに。約160年前の安政東海地震はより詳しい記録が見込めることから、防災の一助となるよう調査を進めたそうです。

 調査結果は7月末発行の歴史地震研究会(東京)の会誌「歴史地震」に掲載されています。詳細は下記にリンクしています。

 歴史地震研究会とは、歴史時代に起きた地震(歴史地震)とそれに関連する諸現象の研究情報の交換を目的として,理学・工学・歴史学・防災科学などの各方面から,研究者,防災行政・事業の実務担当者,郷土史家,報道関係者などが参加して結成された会です。

会誌「歴史地震」は、1年に1度発行している会誌についてのご案内です。

「安政東海地震」伊那谷の被害状況

資料提供:飯田市美術博物館

「中京の信州人」原稿募集中!

県人会会報誌第70号掲載原稿をお寄せ下さい。

mail、Fax、郵送にて受付中。

県人会員募集中です!

 家族会員、法人会員を

 募集中です。 

  ・長野県で生まれた人

  ・長野県で育った人

  ・信州が好きな人

  ・故郷を強く思い中京圏で活躍している現役の人など

  が集っています。

  名古屋長野県人会

  に参加してみませんか。

長野県PRキャラクター「アルクマ」©️長野県アルクマ

長野県人会応援して下さい!

当県人会運営に際しまして、ご理解ご支援ご協力を賜りお礼申し上げます。歴史ある長野県人会の更なる充実と発展のため会員様・法人企業様等からのご支援ご賛同をお願い致します。

長野県移住相談掲示板

長野県内のUターン・I ターン・空き家バンクの各種情報は

掲示板をご覧下さい。

県人会スマホ用URL

法人会員募集中です。

信州ハム株式会社

株式会社 中善酒造店

     FAX025-851-5405

長野県内の10地域を検索

    TEL 052-251-2121

   (転送電話)    

   FAX052-851-5405