木曽の初夏の名物“ほお葉巻き”まつり開催中

長野県木曽地域の初夏の名物、“ほお葉巻き”をテーマにしたイベントが開催されています。

木曽町内各製菓店の「ほお葉巻き」のほか、ほお葉寿司などが味わえます。朴の葉が採れる時期の季節限定各菓子店、道の駅で開催中です。

木曽広域連合は、文化庁の「日本遺産」に認定されている「木曽路はすべて山の中

−山を守り 山に生きる」で、構成文化財の一つとなっている「木曽の朴葉巻

(ほおばまき)」をPRしようと、のぼり旗とカードも作製しました。

 

木曽の郷土の和菓子「朴葉巻き」どんなお菓子か知っていますか?

 木曽路はすべて山の中である。島崎藤村によってそう謳われた山深い木曽地域では、その山の恵みを利用して、5月下旬から7月初旬にかけて、季節限定で「朴葉巻き」(ほおばまき)がつくられています。

 朴葉巻きとは、米粉を練ってつくった餅にあんを包んで朴葉でくるみ、い草で縛って蒸しあげたもの。朴葉の香りが餅に移った、新緑の季節らしい清々しい味わいが特徴です。なぜ季節限定かと言えば、餅が包みやすいやわらかな若葉の朴葉を収穫できるのがこの季節だから。

朴葉巻きは木曽地域の各家庭でつくられ受け継がれてきた伝統の味。地元の人は「小さい頃、家に帰ると蒸し上がった朴葉巻きが物干しにぶら下がっていてね、飛び上がって取って食べたものよ」と話してくれました。現在は、木曽地域の和菓子店などで製造されています。米粉らしい、粘り気のあるむっちりとした餅のなかに包むあんは、つぶあん、こしあん、白みそくるみあんが定番ですが、なかでもめずらしいのは白みそくるみあん。ほどよい塩気を感じる上品な甘さが特徴です。お店によっては、ゆずあんなどの変わり種もあります。 

朴葉巻きは木曽の初夏の風物詩なのです。

柏餅の代わりに食べる?

なぜ朴の葉で包むのでしょうか?

朴の木はモクレン科の樹木で、高さは15m以上、なかには30mになるものもあるという高木です。そのため庭木というより山中の木というイメージですが、木曽地域や下伊那地域では、その食文化から庭木にする家もあったようです。ひと枝に5~8枚程度つける葉の1枚1枚もとても大きくて、長さ30cm以上になるものも。だからこそ、餅をくるむのにも十分。朴葉を用いるのは大きさのほか、アクが強くて殺菌力が高いため。保存性が高く、かつてはお米を包んで蒸した朴葉飯を山仕事や農作業のお弁当として携えたそうです。

開催日時 2021年 5月下旬~7月中旬頃まで。

開催場所 各菓子店や木曽郡内 道の駅にて開催

料金 1個 150円~

お問合せ

木曽おんたけ観光局

 Tel:0264-22-4000

http://www.kankou-kiso.com

「中京の信州人」原稿募集中!

県人会会報誌第70号掲載原稿をお寄せ下さい。

mail、Fax、郵送にて受付中。

県人会員募集中です!

 家族会員、法人会員を

 募集中です。 

  ・長野県で生まれた人

  ・長野県で育った人

  ・信州が好きな人

  ・故郷を強く思い中京圏で活躍している現役の人など

  が集っています。

  名古屋長野県人会

  に参加してみませんか。

長野県PRキャラクター「アルクマ」©️長野県アルクマ

長野県人会応援して下さい!

当県人会運営に際しまして、ご理解ご支援ご協力を賜りお礼申し上げます。歴史ある長野県人会の更なる充実と発展のため会員様・法人企業様等からのご支援ご賛同をお願い致します。

長野県移住相談掲示板

長野県内のUターン・I ターン・空き家バンクの各種情報は

掲示板をご覧下さい。

県人会スマホ用URL

法人会員募集中です。

信州ハム株式会社

株式会社 中善酒造店

     FAX025-851-5405

長野県内の10地域を検索

    TEL 052-251-2121

   (転送電話)    

   FAX052-851-5405