長野県北部地震から10年

平成23年3月12日に発生した長野県北部地震から10年を迎えて、栄村長はメッセージを発信しました。

 東日本大震災は本当に甚大な災害でした。長野県でもこの大地震の翌日12日に長野県北部の栄村を中心とする震度6強の揺れを観測する地震が起きていることを忘れてはいけません。今日12日で10年目です。栄村では毎年、この日に行われてきた復興を願う行事は、担い手の高齢化や復興が進んだことなどから、ことしを1つの節目とし、いまの形での開催は今回が最後となり、栄村長はメッセージを発信しました。

 東日本大震災が発生した翌日の平成23年3月12日、栄村では震度6強の揺れを観測し、700棟近い住宅に被害が出たほか、避難生活によるストレスなどで3人が死亡し、災害関連死と認定されました。

 栄村では毎年、地震が起きた日にあわせて村民の有志が中心となって復興を願う行事を開いていて、ことしも会場には「希望」の文字が彫られた雪のモニュメントが設けられ、火がともされます。ただ、行事の担い手の高齢化や復興が進んだことなどから、いまの形での開催はことしで最後だということです。

 この10年間、栄村では壊れた道路や橋などの復旧や復興住宅の整備が進められ、被害の爪痕は目立たなくなっています。一方、この10年で人口は4分の1減少し、産業の復興やその担い手の状況は集落ごとに差が生じています。

 災害からの復興を村全体の発展にどうつなげていくかが課題になっています。

栄村震災復興祈念館「絆」は、「困難に耐えながら復興に取り組んできました。10年を節目に、農業や観光などが少しでもよい方向になり明るい村になればと思います。

 

 下記は長野県北部地震による被災状況と現状です。

 長野県栄村役場からの発表資料です。

長野県北部震災による被災状況と現状

長野県栄村は、平成23年3月12日午前3時59分、長野県北部を震源とする強い地震(震度6強)に見舞われ、甚大な被害を被りました。

その被災状況をご紹介します。また、あわせて被害箇所を定点撮影した最新の様子【平成24年11月30日、一部5月30日】を紹介しました。

長野県栄村森宮野原駅前複合施設 「絆」

〒389-2702
長野県下水内郡栄村北信3586-4
(JR飯山線森宮野原駅横)
TEL 0269-87-2200 

FAX 0269-87-2366

開館時間 9時~17時(入館無料) 休館日/毎週月曜日

東日本大震災の翌日、2011年3月12日未明、長野県・新潟県境を震源とする、マグニチュード6.7、震度6強の地震が栄村を直撃し、激しい揺れが村を襲いました。暗闇の中で家屋は傾き、道路は寸断され、村の8割の人々が避難を強いられましたが、震災直後から多くの人々によるボランティアや義援金、物資の支援をいただき、復旧も早い段階で手がけることができました。
今後も未曾有の災害を忘れることなく、後世に伝えていくために記録を残し、防災意識をいつも持ち続けていけるよう、復旧・復興の記録の展示館を整備しました。

当施設は、村内の観光情報を発信したり、子育て世代の皆さんが交流できる子育て支援ルームや林業関係団体が利用するスペースも設けられた複合施設となっています。

長野県栄村役場
法人番号:8000020206024
〒389-2792 
長野県下水内郡栄村大字北信3433番地
TEL 0269-87-3111/050-3583-2111(代表)
FAX 0269-87-3083
秋山支所 TEL 025-767-2202
E-mail info@vill.sakae.nagano.jp

「中京の信州人」原稿募集中!

県人会会報誌第70号掲載原稿をお寄せ下さい。

mail、Fax、郵送にて受付中。

県人会員募集中です!

 家族会員、法人会員を

 募集中です。 

  ・長野県で生まれた人

  ・長野県で育った人

  ・信州が好きな人

  ・故郷を強く思い中京圏で活躍している現役の人など

  が集っています。

  名古屋長野県人会

  に参加してみませんか。

長野県PRキャラクター「アルクマ」©️長野県アルクマ

長野県人会応援して下さい!

当県人会運営に際しまして、ご理解ご支援ご協力を賜りお礼申し上げます。歴史ある長野県人会の更なる充実と発展のため会員様・法人企業様等からのご支援ご賛同をお願い致します。

長野県移住相談掲示板

長野県内のUターン・I ターン・空き家バンクの各種情報は

掲示板をご覧下さい。

県人会スマホ用URL

法人会員募集中です。

信州ハム株式会社

長野県内の10地域を検索

    TEL 052-251-2121

   (転送電話)