木曽開田高原のすんき漬け

 「すんき」とは、木曽の伝統野菜である赤かぶの葉と茎を、塩を使わず乳酸発酵させてつくる漬物です。約三百年前の文献にも記録されている木曽の伝統食で、国内でも極めて珍しい「無塩の乳酸発酵漬物」です。現在もつくられている無塩の漬物は、海外を探しても中国の「酸菜」、ネパールの「グンドラック」が存在する程度です。

 

 標高3,067mの御嶽山の東側に位置する木曽は海から遠く、昔から「米は貸しても塩貸すな」と言われるほど塩が貴重でした。山深く厳しい木曽の冬を生き抜くため、塩を一切使わず乳酸発酵させることで保存性を高めた「すんき」は、冬の保存食として代々受け継がれ、長い歴史の中で唯一無二の食文化となっています。

 

 地元では、お漬物としてそのまま食べることはもちろんのこと、味噌汁の具材にした「すんき汁」、かけそばに入れる「すんきそば」として広く食べられてきました。また塩を使っていない「すんき」は健康食としても見直され、新しいメニューづくりや各家庭ならではの食べ方の発掘など、さまざまな活動が木曽全体で行われています。

 近年「すんき」の乳酸菌には、さまざまな健康効果を期待できることが研究により明らかになり、「すんき」の乳酸菌に着目した製品づくりなども行われています。

 

 健康志向の高まりとともに、メディアをはじめ多くの皆さまから、お問合せの声を頂いております。

 ぜひ一度、木曽が誇るパワーフード「すんき」をご賞味ください。

 2017年「すんき」は、地域の特産品をブランドとして農林水産省が保護する

 「地理的表示(GI)保護制度」に登録されました。

 長野県の南西部、御嶽山の東側を木曽と呼びます。御嶽山の麓、標高1,100〜1,300mに広がる木曽馬とそばのふるさと開田高原。地元で採れたとうもろこし、すんき、そば、漬物。信州 木曽 開田高原の特産品を全国へお届けするファーマーズマーケット「彩菜館」のオンラインショップです。

“あいばして”とは開田高原のことばで「ようこそ いらっしゃいませ」という意味です。

 信州 木曽 開田高原の特産品を全国へお届けするファーマーズマーケット「彩菜館」のオンラインショップでも購入できますのでご利用下さい。

◾️店舗のご紹介

〒397-0301

長野県木曽郡木曽町開田高原末川4119-2

          TEL 0264-42-1360

           FAX 0264-42-1370

営業時間▶︎9:00〜16:00

あいばし亭は10:00〜15:00

定休日▶︎木曜(冬季 水・木曜定休)

「あいばし亭」は冬季休業

アクセス▶︎木曽福島駅からバス開田高原線 

「中京の信州人」原稿募集中!

県人会会報誌第70号掲載原稿をお寄せ下さい。

mail、Fax、郵送にて受付中。

県人会員募集中です!

 家族会員、法人会員を

 募集中です。 

  ・長野県で生まれた人

  ・長野県で育った人

  ・信州が好きな人

  ・故郷を強く思い中京圏で活躍している現役の人など

  が集っています。

  名古屋長野県人会

  に参加してみませんか。

長野県PRキャラクター「アルクマ」©️長野県アルクマ

長野県人会応援して下さい!

当県人会運営に際しまして、ご理解ご支援ご協力を賜りお礼申し上げます。歴史ある長野県人会の更なる充実と発展のため会員様・法人企業様等からのご支援ご賛同をお願い致します。

長野県移住相談掲示板

長野県内のUターン・I ターン・空き家バンクの各種情報は

掲示板をご覧下さい。

県人会スマホ用URL

法人会員募集中です。

信州ハム株式会社

長野県内の10地域を検索

    TEL 052-251-2121

   (転送電話)