「住みたい田舎」ベストランキングで長野県宮田村が村の部総合部門で第1位

住みたい都道府県1位、長野県の魅力

長野県は、さまざまな調査で安定した人気をもつ移住先です。昔から定番の避暑地であることからもわかるように、緑豊かで夏を涼しく過ごせる気候は関東以南に住む人から見るととても魅力的です。

都心からのアクセスのよさも人気の理由のひとつでしょう。長野駅や軽井沢駅からは、東京まで北陸新幹線で1時間程度と、首都圏への通勤も十分に可能な距離にあります。松本市からも、特急列車で新宿・名古屋までそれぞれ2時間台で行くことができます。さらに、2029年開業予定のリニア中央新幹線の「長野県駅」が飯田市にできることも決まりました。交通の便がさらに向上するだけでなく、県内外に対する地域振興、研究開発拠点としての整備など、リニア効果を活かした大規模な町づくりが行われていくことになります。

また、長野県にはたくさんの自治体があり、市町村のうち村の数が全国で1番多いことも特徴です。それぞれのコミュニティで特色豊かな文化が育まれており、地域活性化の取組みも活発に行われています。宝島社『田舎暮らしの本』の「住みたい田舎ベストランキング」によると、飯田市が【大きい町部門】の「総合」「若者世代が住みたい田舎」ともに9位、飯山市が【小さい町部門】の「若者世代が住みたい田舎」3位に入っています。

 

宝島社の月刊誌「田舎暮らしの本」恒例の「住みたい田舎」ベストランキングで長野県宮田村が村の部総合部門で第1位に選ばれました。以下の記事は、箕輪町長のブログから引用転載させて頂きました。
  宝島社が毎年度行う恒例のランキング、第9回分が2月号で発表されました。

各県、市町村の移住支援策や生活環境などをアンケート調査し、田舎暮らしの魅力を   数値化、順位付けするもの。

そうした中で、長野県宮田村が村の部の総合部門で全国第1位。
何とも素晴らしいこと、羨ましい限りです。
  宮田村は、立地的にもへき地ではなく、コンパクトで利便性が高い村。
駒ヶ根市、伊那市に隣接し通勤、通学の面でも住みやすい。
以前から子育て日本一の村を目指して施策展開していますがその成果でしょうか。
住宅施策や子育て家庭への支援策には見習うべきものが見られます。
 
 
 
 箕輪町は、町の部240自治体の中で23位にランクイン。
辰野町が3位ですので、やや残念。
 箕輪町長のブログから引用転載させて頂きました。
(箕輪町長の感想)
実は、順位はあまり気にしていません。
アンケート項目が本当に移住の決め手になるかどうか?
ただし、ランキング上位団体には、移住に対する熱量と先進性があるのは確か。
当町も、人口減少対策が大きな課題。
施策全体では見劣りするものはないと思うものの、より大胆な施策が必要か。
少子化、Uターン、産業人口の確保、新規就農、関係人口などターゲットを決めて施策展開せねば。
都市部からの移住を考えた場合、コロナ禍では関東近辺に優位性があるかと心配も。
魅力発信に力を入れる必要もありそう。
 
(箕輪町長のブログから引用転載させて頂きました。
長野県箕輪町は、町の部総合部門で23位です。
子育て世代では、18位でした。)
 

県人会員募集中です!

 家族会員、法人会員を

 募集中です。 

  ・長野県で生まれた人

  ・長野県で育った人

  ・信州が好きな人

  ・故郷を強く思い中京圏で活躍している現役の人など

  が集っています。

  名古屋長野県人会

  に参加してみませんか。

長野県PRキャラクター「アルクマ」©️長野県アルクマ

長野県人会応援して下さい!

当県人会運営に際しまして、ご理解ご支援ご協力を賜りお礼申し上げます。歴史ある長野県人会の更なる充実と発展のため会員様・法人企業様等からのご支援ご賛同をお願い致します。

長野県移住相談掲示板

長野県内のUターン・I ターン・空き家バンクの各種情報は

掲示板をご覧下さい。

県人会スマホ用URL

法人会員募集中です。

長野県人会法人会員一覧

信州ハム株式会社

長野県内の10地域を検索

    TEL 052-251-2121

   (転送電話)