飯沼正明飛行士記念館

 

飯沼飛行士は昭和124月、朝日新聞社機「神風」号で東京—ロンドン間(15.357km)を94時間1756秒(実際の飛行時間は51時間1923秒)で飛行し、当時の世界記録を打ち出しました。

 

 

この快挙に日本国中が沸き、飯沼は大西洋横断を成し遂げたリンドバーグと共に世界的なパイロットとして賞賛されました。

 

 

 

施設は全国の賛同者、豊科町、朝日新聞社の支援で、築120年の飯沼の生家に建設されました。

 

 

白壁、瓦葺きの建物で、当時の面影を残しています。館内では写真や新聞記事ほか、遺品、手紙などを展示しています。

 

 

 

 〒399-8201 長野県安曇野市豊科穂高3888

 

        飯沼飛行士記念館リンク

 

        休館日    月曜日 

 

        入館料    大人 410円

 

         0263-72-9045

 

アクセスは下記地図参照下さい。

 

 JR大糸線柏矢町駅から 徒歩約15

 

  JR大糸線豊科駅から  車 約 5

 

  長野自動車道安曇野ICから車で約10

 

飯沼正明飛行士記念館アクセス

飯沼正明飛行士経歴紹介

 

                (Wikipediaから引用転載)

 

長野県南安曇郡南穂高村(現・安曇野市)に生まれた。

1931年3月、旧制松本中学(現・長野県松本深志高等学校)を卒業し、同年10月、逓信省飛行機操縦委託養成所卒業。

所沢陸軍飛行学校に勤務し、二等操縦士を経て翌年、一等操縦士となり、朝日新聞社航空部に入社。

1935年台湾地震の時、台北-羽田間を10時間23分で飛行し、初の亜欧連絡大飛行の飛行士に抜擢された。

1937年4月6日、英国王室戴冠式奉祝を兼ねて、塚越賢爾機関士とともにで立川飛行場を出発し、94時間17分の飛行の後、ロンドンに到着した(ヴィエンチャンカルカッタカラチバグダッドアテネなどを中継)。

15357kmの距離を飛行時間94時間17分56秒の飛行を行った。1937年、朝日賞などを受賞した。

1941年東京‐ニューヨーク間の記録に挑戦しようとするが、その矢先に第二次世界大戦が勃発、陸軍技師として従軍するが、同年12月マレー半島プノンペンの飛行場で友軍機の事故に巻き込まれ死亡[1]

現在、飯沼の生家跡地に飯沼飛行士記念館が設立されている。

 

長野県人会 会員募集中

 家族会員、法人会員を

 募集中です。 

  ・長野県で生まれた人

  ・長野県で育った人

  ・信州が好きな人

  ・故郷を強く思い中京圏で活躍している現役の人など

  が集っています。

  名古屋長野県人会

  に参加してみませんか。

長野県PRキャラクター「アルクマ」©️長野県アルクマ

長野県人会125年の歩み 写真募集中です。

長野県人会応援して下さい!

当県人会運営に際しまして、ご理解ご支援ご協力を賜りお礼申し上げます。歴史ある長野県人会の更なる充実と発展のため会員様・法人企業様等からのご支援ご賛同をお願い致します。

長野県移住相談掲示板

長野県内のUターン・I ターン・空き家バンクの各種情報は

掲示板をご覧下さい。

県人会スマホ用URL

法人会員募集中です。

信州ハム株式会社

株式会社 中善酒造店

     FAX052-851-5405

長野県内の10地域を検索

    TEL 052-251-2121

   (転送電話)    

   FAX052-851-5405