【長野県の難読地名】について

【長野の難読地名】

赤怒田、鬼無里、麻績・・・いくつ読めますか?

  日本各地には、なかなか読めない難しい地名が多数存在します。地域の言葉や歴史に由来しているものなど、さまざまですが、中には県外の人はもちろん、地元の人でもわからないというものも。今回は長野県の難読地名を紹介します。あなたはいくつ読めますか?

 

 赤怒田

         (C)新まつもと物語プロジェクト

「あかぬた」

松本市の赤怒田には福寿草(フクジュソウ)の群生地があり、市の特別天然記念物に指定されています。花が咲くのは3月頃。黄色の可憐な花が地表を覆うように咲き、開花の時期に合わせて「福寿草まつり」が開催されます。

 

鬼無里

          (C)(公財)ながの観光コンベンションビューロー

「きなさ」

長野市にある地名です。鬼のいない里という意味で「鬼無里」という地名がついたといわれており、一夜山の鬼伝説、鬼女紅葉伝説など、さまざまな伝説が残されています。周囲を山に囲まれ、大望峠展望台からは周辺の山々の紅葉や、北アルプスの山並みが一望できます。

 

麻績

       (C)松本広域連合

「おみ」

東筑摩郡の麻績村の歴史は古く、弥生時代に開かれ、江戸時代には麻績宿がおかれ、善光寺の参拝やお伊勢参りの要所として多くの人が往来しました。聖湖を抱える聖高原では夏は納涼煙火大会が開かれ、冬はスキーなど、豊かな自然の中でレジャーが楽しめます。

 

贄川

         (C)松本広域連合

「にえかわ」

塩尻市の地名です。かつての中山道の宿場町で、贄川関所が設けられていました。現在は関所跡に復元された建物があり、当時の様子をうかがい知ることができます。

 

洗馬

         (C)松本広域連合

「せば」

東筑摩郡朝日村と塩尻市にある地名です。朝日村西洗馬には、戦国時代につくられた武居城跡(洗馬城)跡があり、現在は公園として整備されています。一角には茶室「和合庵」が設置され、四季折々の景色を楽しみながら茶道に親しむことができます。

「中京の信州人」原稿募集中!

県人会会報誌第70号掲載原稿をお寄せ下さい。

mail、Fax、郵送にて受付中。

県人会員募集中です!

 家族会員、法人会員を

 募集中です。 

  ・長野県で生まれた人

  ・長野県で育った人

  ・信州が好きな人

  ・故郷を強く思い中京圏で活躍している現役の人など

  が集っています。

  名古屋長野県人会

  に参加してみませんか。

長野県PRキャラクター「アルクマ」©️長野県アルクマ

長野県人会応援して下さい!

当県人会運営に際しまして、ご理解ご支援ご協力を賜りお礼申し上げます。歴史ある長野県人会の更なる充実と発展のため会員様・法人企業様等からのご支援ご賛同をお願い致します。

長野県移住相談掲示板

長野県内のUターン・I ターン・空き家バンクの各種情報は

掲示板をご覧下さい。

県人会スマホ用URL

法人会員募集中です。

信州ハム株式会社

長野県内の10地域を検索

    TEL 052-251-2121

   (転送電話)