松本市「醸下町松本プロジェクト」

 城下町・長野県松本市に生まれ、松本に育てられ、松本で生きる3つの日本酒蔵たち。そのことへの感謝の念から、日本酒を通じて松本を盛り上げようと志を一つにし、スタートした運動。それが醸下町・松本(じょうかまち・まつもと)です。本プロジェクト向けの日本酒の提案やリアル・オンラインでの松本の日本酒が楽しくなる様々なイベントを企画しています。どうぞよろしくお願いします。

 中日新聞に掲載していただきました。松本応援酒・秋あがり飲み比べセット。

投稿日: 2020年9月29日 

 日本酒で松本を盛り上げたい−。松本市内の三つの酒造会社の杜氏(とうじ)三人が、地元の酒文化をPRしようと「醸下町 松本 日本酒プロジェクト」を立ち上げ、会員制交流サイト(SNS)を通じて酒の魅力を発信している。八月からは三社の酒をセット販売する「松本応援酒」も用意。ライバルとして技術を切磋琢磨(せっさたくま)しながら、日本酒を地域おこしにつなげようと奮闘している。 

 プロジェクトに参加しているのは、同市大手の善哉(よいかな)酒造の根岸則夫さん(53)、島立の亀田屋酒造店の伊藤大治さん(45)、島内の笹井酒造の笹井康夫さん(48)。「日本酒で地域全体を盛り上げたい」と三月末にプロジェクトを立ち上げた。六月から月一回、SNSの「インスタグラム」で情報を発信する。「はやりに乗らず、作り続けてきた安心の味を保ちつつ、自分でも飲み飽きしない味」(根岸さん)などと酒造りのこだわりや、料理と合わせた味わい方などを紹介する動画を投稿してきた。 八月末には各酒蔵の商品三百ミリリットルを瓶に詰め、すっきりとした飲み口の夏向けの三本セット「松本応援酒」を販売。今月下旬からは、熟成してまろやかな味わいになった秋向けの酒のセット販売を開始した。価格は千九百五十円(税別)で、今後も季節に合った酒を提供していく予定だ。

 プロジェクトによると、松本市は「米どころで水もおいしい」ことから昔から酒造りが盛んだった。昭和初期には二十軒以上の酒蔵があったが、時代の流れとともに今では六軒にまで減った。SNSを通じた発信には「新しいことに挑戦していかないと、伝統の文化を残していけない」(笹井さん)との思いもあったという。

 伊藤さんは「松本市を盛り上げて、『松本といえば日本酒』というように文化として浸透すれば」と期待する。プロジェクトの活動はインスタグラムで「醸下町松本」と検索。

  出典:2020年9月29日 05時00分 (9月29日 11時16分更新) 中日新聞会員限定記事。

会報紙「中京の信州人」原稿は、まもなく締切 です!

  • 会報誌「中京の信州人」へ掲載する原稿を募集しています。
  • 「我が郷里の紹介」は市町村毎に順次掲載しています。
  • 「我が郷里の味自慢」はご自身の腕自慢料理でも結構。
  • 「我が郷里の名士」の候補者とともに寄稿をお願いします。
  • 「我が母校の紹介」は未掲載の学校を順次ご紹介します。

長野県PRキャラクターアルクマ©️長野県アルクマ

「Withコロナ」新生活様式へ。

長野県PRキャラクターアルクマ

 新型コロナウイルス感染拡大防止対策における、イベントや行事の中止や延期、施設の利用制限、学校関係に関する情報等については、ホームページでご案内しています。長野県の情報、いざという際の連絡先なども掲載しています。こちら をご覧ください。

 2020年9月場所御嶽海関は

8勝7敗の結果でした。

御嶽海後援会・県人会応援団

県人会会員募集中!

 家族会員、法人会員を

 募集中です。 

  ・長野県で生まれた人

  ・長野県で育った人

  ・信州が好きな人

  ・故郷を強く思い中京圏で活躍している現役の人など

  が集っています。

  名古屋長野県人会

  に参加してみませんか。

長野県PRキャラクター「アルクマ」©️長野県アルクマ

名古屋長野県人会を応援して下さい!!

当県人会運営に際しまして、ご理解ご支援ご協力を賜りお礼申し上げます。歴史ある長野県人会の更なる充実と発展のため会員様・法人企業様等からのご支援ご賛同をお願い致します。

バーコード画像

長野県移住相談掲示板

長野県内のUターン・I ターン・空き家バンクの各種情報は

掲示板をご覧下さい。

県人会HPは、スマホにも対応しています!下記QRコードから。

■松本山雅FC製チェックストール新発売! フランス製です。

法人会員募集中です。

長野県PRキャラクター「アルクマ」©️長野県アルクマ

県人会法人会員(順不同)

   会員ブログ 

会員の皆さん、ブログ記事

を事務局まで投稿して下さい。

お待ちしています!

名古屋長野県人会は、現在、在宅勤務(テレワーク)推進のため、電話対応です。     ご了承をお願いします。

      TEL 052-251-2121