長野県知事と長野市長が「飲み会」

 阿部守一知事と加藤久雄長野市長は17日夕、同市の飲食店で会食した。県が新型コロナウイルスの感染警戒レベルを全県で「1」に引き下げるなど状況が落ち着きつつある中、県と市のトップが「飲み会」を催し、感染対策と経済活動の両立を訴えた。

 善光寺門前の店舗で飛沫(ひまつ)防止のアクリル板を挟み、両氏は生ビールで乾杯。知事は扇子、市長はハンカチで口元を覆いながら懇談し、料理も味わった。

 会食前の取材に阿部知事は「今は、感染防止策を講じながら新しい生活様式としての会食や観光の在り方を考える時だ」、加藤市長は「市の経済は台風19号災害やコロナでダブルパンチ。皆さんが感染予防をしながら(会食などを含め)普通の生活に戻っていただきたい」と述べた。 

(2020年9月18日 信毎WEB版)

 長野県は16日、新型コロナウイルスの新たな感染者の確認が少ない状態が続いているとして、県独自の警戒レベルを県全域で「1」に引き下げました。

一方、県内の飲食店では客足が伸び悩み続けていて、民間のシンクタンク「長野経済研究所」が7月中旬までに行った、県内の1000世帯を対象にしたアンケート調査では、複数回答で「支出を減らした行動」が、「外食」が61.7%と最も多くなっています。

 こうした中、阿部知事と長野市の加藤市長は、経済の活性化を活性化を図り過度な自粛をしないよう呼びかけようと、17日夜、長野市内の飲食店で県や市の幹部ら10人で率先して飲み会を開きました。

 飲み会では5人ずつが向かい合うように座り、加藤市長がハンカチで口元を隠しながら「乾杯」と発声したのに続いて、幹部らも生ビールで乾杯しました。

机の上にはパーテーションを置いて、マスクを外して話すときは飛まつを防ぐため、扇子やハンカチで口元を隠すなどの対策を行っていました。

 加藤市長は「今の状況ではコロナで倒れる前に経済で倒れてしまう。しっかりと感染防止対策をしたうえで、皆さんに普通の生活に移行してもらいたい」と話していました。

長野県が独自の警戒レベルを全域で「1」に引き下げたことについて、信州大学医学部付属病院感染制御室の金井信一郎副室長は「先月中旬くらいから上田地域や長野地域を中心に感染が拡大したものの、県外での流行が収まってきたのに伴い、県内での感染も減ってきた。感染の流行に関して今がいちばん低いところにある」と分析しました。

そのうえで、「感染者の数に増加の兆しもある東京がGo Toキャンペーンに加わり、全国的に人が動き出すことで、来月から県内で感染者が増えてきてもおかしくない」として感染予防対策の必要性を指摘しました。

一方、飲食店の利用については、「1グループ4人程度の少人数で利用するほか、2次会3次会は行わず、2時間程度の1次会で済ますなどの対応が必要だ。話すときはマスクの着用や扇子で口元を隠すなど食べる時と話す時の使い分けが重要だ」と話しています。

  (NHK長野放送 2020年09月18日 信州 NEWS WEB 報道記事)

県人会員募集中です!

 家族会員、法人会員を

 募集中です。 

  ・長野県で生まれた人

  ・長野県で育った人

  ・信州が好きな人

  ・故郷を強く思い中京圏で活躍している現役の人など

  が集っています。

  名古屋長野県人会

  に参加してみませんか。

長野県PRキャラクター「アルクマ」©️長野県アルクマ

長野県人会応援して下さい!

当県人会運営に際しまして、ご理解ご支援ご協力を賜りお礼申し上げます。歴史ある長野県人会の更なる充実と発展のため会員様・法人企業様等からのご支援ご賛同をお願い致します。

長野県移住相談掲示板

長野県内のUターン・I ターン・空き家バンクの各種情報は

掲示板をご覧下さい。

県人会スマホ用URL

法人会員募集中です。

長野県人会法人会員一覧

信州ハム株式会社

長野県内の10地域を検索

    TEL 052-251-2121

   (転送電話)