長野県に大雨特別警報 最大級の警戒が必要

気象庁は、岐阜県と長野県の複数の市町村に大雨の特別警報を発表しました。岐阜県では、下呂市を流れる飛騨川で氾濫が発生しました。特別警報は5段階の警戒レベルのうち最も高いレベル5にあたる情報です。気象庁は、周囲の状況を確認し、避難場所までの移動が危険な場合には近くの頑丈な建物に移動したり、外に出るのがすでに危険な場合は建物の2階以上で崖や斜面と反対側の部屋に移動したりするなど、少しでも命が助かる可能性が高い行動を取るよう呼びかけています。

県内への大雨特別警報は、台風19号が接近した昨年10月12日以来。県は、特別警報の対象となった14市町村に災害救助法の適用を決めた。国と県が市町村に代わって避難所運営などの費用を負担する。
 8日午前に木曽川は木曽郡南木曽町、上松町、木曽町で、犀川は安曇野市と長野市信州新町で一時、氾濫危険水位を超えた。下伊那郡阿南町は町内全域に、長野市、上松町、同郡下條村は一部地域に避難指示を出した。下條村はその後解除し、複数市町村が避難勧告などを発令した。
 県によると、松本市の北アルプス上高地へ通じる国道158号は、市内3カ所で起きた土砂の崩落や流出で寸断。上高地のホテルや旅館などに観光客や従業員ら308人が孤立状態となった。復旧のめどは立っていない。
 上水内郡飯綱町の月見川では、土のうを運んでいた近くの60代男性が川に流され、消防が救助した。上田市では依田川の中州に40代男性が取り残され、ヘリコプターで救助。いずれも命に別条はない。
 上松町では県道近くの沢があふれ、焼笹地区と才児地区の計18世帯34人が孤立。木曽町でも土砂流入により、福島と日義の計5地区18世帯が車で往来できなくなっている。
 中部電力パワーグリッド長野支社(長野市)によると、倒木などにより各地で停電が発生。8日午前11時時点で長野、上田小県、木曽、下伊那地方などで計約2390戸が停電し、アルピコ交通上高地線(松本市)も一時運休した。
 JR中央西線は塩尻―中津川間、中央東線は塩尻―辰野間、飯山線は豊野―十日町間、飯田線は伊那大島―駒ケ根間と天竜峡―長山間でそれぞれ運転を見合わせ。篠ノ井線でも土砂流入があり、松本―篠ノ井間で一時運転を見合わせた。大糸線は一部列車が運休。しなの鉄道北しなの線も豊野―妙高高原間で運転を見合わせた。木曽、上伊那地方を結ぶ国道361号権兵衛トンネルも通行止めとなった。
 県教委によると、8日は中南信を中心に公立の小学校81校、中学校40校、高校38校と私立の小中高校計13校が休校した。県は災害対策本部を設置。阿部守一知事は県民に「自身や家族の命を守るための最善の行動をお願いしたい」と呼び掛けた。
 長野地方気象台によると、3日正午の降り始めから8日正午までの降水量は王滝村御嶽山870・5ミリ、阿智村浪合473・5ミリ、上高地465ミリ、木曽福島418・5ミリなど。9日正午までの24時間予想降水量は多い所で南部100ミリ、中部と北部は80ミリ。 
(2020年7月8日 信毎WEB版)



 

 

長野県内は八日、昨年十月の台風19号災害以来、九カ月ぶりとなる大雨特別警報が、中南部の十四市町村に発令された。各地で避難所が開設され、同日午後二時現在で三百十四世帯計六百七十六人が避難。新型コロナウイルス感染症対策が初めて講じられ、今後の災害に向けた課題も挙がった。 

 特別警報は八日午前に警報に切り替えられたが、各地で土砂崩れによる道路の寸断が相次いだ。長野県のまとめでは、長野市と上松町、阿南町、木曽町、下條村の五市町村で避難指示が出された。県内を流れる木曽川や犀川は一時、「氾濫危険水位」に達した。

 長野地方気象台は九日も雨が降り続くと予想。これまでの雨で地盤が緩み、中信地域を中心に震度1〜2の地震も続いていることから「一層の注意が必要」と呼び掛けている。阿部守一知事は八日午後の災害対策本部会議で「非常に災害が発生しやすい状況が続いている」と指摘し、九日以降も市町村とともに警戒を続けるように指示した。

 JR東海などによると、名古屋−長野間を結ぶ特急「ワイドビューしなの」の上下線計二十六本、豊橋−飯田間の特急「ワイドビュー伊那路」の上下線計四本が終日運休した。

 長野県教委などによると、中南部を中心に公立校は小学校八十一校、中学校四十校、高校三十八校、特別支援学校二校、私立校は小中高校計十七校が臨時休校した。

 県中南部の市町村や北部の長野市では最大で計二千七百四十戸が停電した。

 長野地方気象台によると、八日午前までの二十四時間降水量は松本市安曇の北アルプス・上高地で二一九・五ミリ、木曽町木曽福島で一六九・五ミリを観測し、いずれも七月の観測史上最大となった。

 三日正午の降り始めから八日午後四時までの降水量は、十九カ所の観測地点で七月の一カ月間の平均を超えた。王滝村御嶽山で八七〇・五ミリ▽阿智村浪合で四七三・五ミリ▽木曽町木曽福島で四一八・五ミリ▽飯田市南信濃で三四四ミリ−となっている。

 

 大雨は県内各地に深い爪痕を残した。木曽町新開大原では、大雨で水かさが増したため池「池畔(ちはん)の池」の排水口付近が、長さ二十五メートル、幅十メートルほどにわたって崩れた。町は「決壊の恐れがある」として午後四時半、下流域の四十二世帯百十人に避難指示を出したが、重機などによる補修が完了し、午後七時半に指示を解除した。

 池は近くの男性会社員(62)が所有し、幅五十メートル、奥行き三十メートル、深さ七メートル。男性によると、亡くなった父が四十五年ほど前にくぼ地を利用して整備した。以前はボートを浮かべるなど観光に使用していたという。男性は「大雨で近くの沢から流入する水が大幅に増え、排水口付近から越水して崩れたのではないか」とみている。

 生坂村では北部を流れる犀川支流の金熊(かなくま)川が犀川と合流する地点で水があふれ、川沿いの田んぼが浸水した。犀川の水位が上がり、金熊川から流れ込めない水が滞留したとみられる。

 田んぼを所有する男性(77)は、台風などで田んぼが何度も浸水被害を受けてきたと振り返り、「土砂などが田んぼに残ってしまうと困る。そうならなければいいが…」と話した。

 松本市沢村ではリンゴ畑に土砂が流れ込み、八月に収穫を控えていたリンゴの木二本を押し流した。畑を所有する近くの男性(60)は「他にも五本ほど泥をかぶってしまい、枝を切らないといけない」と肩を落とした。土砂は近隣の民家二軒にも流れ込んだ。 

 飯田市内全域に避難勧告が発令された飯田市で避難所となった羽場中央公会堂には、受付に体温計や消毒液が用意され、市から段ボール製の間仕切りが届いた。母と隣人の高齢女性と三人で避難した会社員(61)は「九州の被害を見てひとごとではないと思った」と話し、安堵の表情を見せた。

 一方、九世帯十三人が避難した寺所コミュニティ消防センターは体温計や間仕切りが調達できず、口頭で発熱の有無を確認。市内では五日に新型コロナを想定した避難所運営訓練が実施されたばかりだが、寺所区長(66)は「頭には入っていたが、物がなかった。これから備品をそろえていきたい」と話した。

 午後六時ごろ、時又ふれあいセンターには一世帯二人が避難。天竜川沿いに住む足の悪い両親が心配で避難させた会社員(52)は、受付でマスクをもらったといい、「避難するときはコロナ対策まで気が回らなかったのでありがたかった」と話した。

 大雨特別警報が発令された阿智村は、避難所十一カ所を開設。阿智第三小学校の体育館では、障害者支援施設「阿智温泉療護園」の利用者十五人が、職員とともに避難した。

 園職員はマスクを常時着用し、利用者の食事を補助する際は手袋をはめるなどして感染対策を徹底させた。避難所で利用する備品は全てに消毒を施すという。

 園のサービス管理責任者(48)は「自分で移動できない人が多く、支援の仕方が個人によって異なる。今回の避難で災害時に想定すべき事案がたくさん見つかり、今後に生かしていきたい」と話した。 

 

 大雨特別警報が発令された木曽町の町文化交流センターには、六十五世帯約百人が身を寄せた。増水した木曽川沿いに寮がある信州木曽看護専門学校の学生三十人も避難。感染対策として避難者に手指の消毒を呼び掛け、密集を避けるために長机で区切ったブースに誘導した。

 学生たちは避難者の名簿を作成、休校になった中学校の給食用のパンを配布した。「避難者には高齢者も多く、新型コロナ対策には細心の注意を払った」(20)。

 松本市にも大雨特別警報が発令された。本郷公民館では、感染予防のために七室を確保。十八人を四部屋に分けて避難させた。市の担当者は「職員で知恵を出し合い、できる限りのことをした。この対応でよかったのか次に向けて検討したい」と話した。

 避難勧告が発令された安曇野市では避難所五カ所に一時五十七人が避難した。明科公民館には最大で四十七人が身を寄せたが、避難者を世帯ごとに別々の部屋に分散させた。

 介護職員(33)は「最初は新型コロナウイルス感染の心配をしていたが、広々としていたのでよかった」と安堵(あんど)する一方で、山沿いに住んでいるため、「土砂崩れが急に発生してもおかしくないから怖い」と不安げに話した。

 塩尻市は奈良井区に避難所を開設。奈良井川の増水や土砂災害を警戒したマスク姿の七世帯十四人が、検温や手指の消毒をして避難した。妻(79)は「水かさが上がり怖さを感じた。家が心配であまり眠れていない」。市は就寝の際に世帯ごとに二メートルほど離れるよう促し、テーブルなどの消毒も徹底させた。 

 

 (出典:2020年7月9日 中日新聞WEB会員限定長野版)

長野県庁危機管理部からのチラシ2枚

会報紙「中京の信州人」原稿募集中です。

  • 会報誌「中京の信州人」へ掲載する原稿を募集しています。
  • 「我が郷里の紹介」は市町村毎に順次掲載しています。
  • 「我が郷里の味自慢」はご自身の腕自慢料理でも結構。
  • 「我が郷里の名士」の候補者とともに寄稿をお願いします。
  • 「我が母校の紹介」は未掲載の学校を順次ご紹介します。

2020年ゆるキャラ®グランプリ開催中です!

昨年は長野県アルクマが第1位。今年も県内各地域からゆるキャラが出ています。応援してね!

長野県PRキャラクターアルクマ©️長野県アルクマ

ウィズコロナの時代に

長野県PRキャラクターアルクマ©️長野県アルクマから。

 新型コロナウイルス感染拡大防止対策における、イベントや行事の中止や延期、施設の利用制限、学校関係に関する情報等については、ホームページでご案内しています。長野県の情報、いざという際の連絡先なども掲載しています。こちら をご覧ください。

頑張れ!御嶽海!

 2020年7月、国技館開催終了。

御嶽海関、殊勲賞!

6回目獲得。おめでとう!!

御嶽海後援会・県人会応援団

県人会会員募集中です

 家族会員、法人会員を

 募集中です。 

  ・長野県で生まれた人

  ・長野県で育った人

  ・信州が好きな人

  ・故郷を強く思い中京圏で活躍している現役の人など

  が集っています。

  名古屋長野県人会

  に参加してみませんか。

長野県PRキャラクター「アルクマ」©️長野県アルクマ

名古屋長野県人会を応援して下さい!!

当県人会運営に際しまして、ご理解ご支援ご協力を賜りお礼申し上げます。歴史ある長野県人会の更なる充実と発展のため会員様・法人企業様等からのご支援ご賛同をお願い致します。

バーコード画像

長野県移住相談掲示板

長野県内のUターン・I ターン・空き家バンクの各種情報は

掲示板をご覧下さい。

県人会HPスマホ対応

J2松本山雅頑張れ!サッカーJ2松本山雅FC順位を16位に。

法人会員募集中です。

長野県PRキャラクター「アルクマ」©️長野県アルクマ

県人会法人会員(順不同)

法人会員 長野県大町市

   会員ブログ 

に会員の皆さん、ブログ記事

を事務局まで投稿して下さい。

新型コロナウイルス感染拡大防止措置の為、名古屋長野県人会事務局はテレワーク中。   電話受付です。       ご了承をお願いします。

      TEL 052-251-2121