駒ケ岳にすみ着いた雌1羽に抱かせた卵8個が全滅

中央アルプスでのライチョウ復活を目指す環境省信越自然環境事務所(長野市)は2日、駒ケ岳にすみ着いた雌1羽に抱かせた卵8個が全滅したと発表した。6月30日と7月1日に調査。卵5個はふ化していたが、死んだひなや卵が巣近くに散乱していた。ふ化直後に猿が巣に近づく様子がセンサーカメラに映っており、驚いた雌やひなが巣から飛び出したことが原因とみている。

 同事務所は6月7日、県内外の動物園など4施設から提供された有精卵8個を、雌が抱いていた無精卵と入れ替えた。ふ化予定日は30日と7月1日だった。巣の周辺5メートル以内にひな5羽の死骸、離れたところに卵2個を確認。1個は巣にあり、雌が温め続けていたが死んでいた。近くに置いていたセンサーカメラには29日午後6時台に、少なくとも10匹の猿の群れが映っていた。雌は近くで確認した。

 調査に同行した信州大名誉教授中村浩志さんの分析では、29日午後にひながふ化。直後に猿がやってきて巣をのぞきこんだため、雌やひなが巣を飛び出し、体温調節ができないひなが冷えて死んだ。猿が残った卵を取り出して捨てたと考えている。ひなの死骸に外傷はなく、卵2個は割れていたがふ化中だったとみている。

 同事務所によると、猿の群れは例年7月下旬ごろに山頂近くまで登るが、6月中はまれ。「飼育下のライチョウの卵を野生に返す初の取り組みで、ふ化したところまでは成功だったが残念。猿の群れの対策は難しいが、産卵からふ化までの保護策も含め考える」としている。

 7月下旬に北アルプス乗鞍岳からライチョウの親子3組20羽程度を中アに移住させる計画は、予定通り行う。 

(信毎WEB版 2020年7月3日)

「Withコロナ」新生活様式へ。

 新型コロナウイルス感染拡大防止対策における、イベントや行事の中止や延期、施設の利用制限、学校関係に関する情報等については、ホームページでご案内しています。長野県の情報、いざという際の連絡先なども掲載しています。こちら をご覧ください。

名古屋長野県人会

会員募集中!

 家族会員、法人会員を

 募集中です。 

  ・長野県で生まれた人

  ・長野県で育った人

  ・信州が好きな人

  ・故郷を強く思い中京圏で活躍している現役の人など

  が集っています。

  名古屋長野県人会

  に参加してみませんか。

長野県PRキャラクター「アルクマ」©️長野県アルクマ

御嶽海関を応援しています

御嶽海、大相撲初場所 新番付は「西小結」です。頑張れ!!

長野県人会応援して下さい!

当県人会運営に際しまして、ご理解ご支援ご協力を賜りお礼申し上げます。歴史ある長野県人会の更なる充実と発展のため会員様・法人企業様等からのご支援ご賛同をお願い致します。

長野県移住相談掲示板

長野県内のUターン・I ターン・空き家バンクの各種情報は

掲示板をご覧下さい。

県人会スマホ用URL

長野県人会法人会員一覧

法人会員募集中です。

   会員ブログ 

会員の皆様、ブログ記事

を事務局までお寄せ下さい。

 お待ちしています。

信州プラスチックスマート運動

名古屋長野県人会は、現在、在宅勤務(テレワーク)推進のため、電話対応です。     ご了承をお願いします。

      TEL 052-251-2121

   (転送電話)