長野県が甘酒を推す理由

長野県が甘酒を推す理由

日本一の味噌蔵数と、日本で2番目に多い酒蔵数を誇る長野県。昔から味噌や酒造りのオフシーズンである夏季に甘酒を作るという文化が根付いています。現在、県内で甘酒を製造する会社は40社以上。長野特有の発酵食産業と健康長寿の食文化を盛り上げていこうと、全国初の試みとして2018年から「甘酒鑑評会」が行わています。
長野県の甘酒の特徴について、第1回甘酒鑑評会の責任者で長野県食品工業協会事務局の蟻川幸彦(ありかわ・ゆきひこ)先生にお話を伺うと、「県産の甘酒は甘さが強い傾向にありますが、甘さの質がすっきりしていて、のど越しの良いタイプの評価が高かったと思います」と教えてくれました。では実際にどんな甘酒なのか、次の章で詳しくご紹介します。

 

各蔵の個性が光る
長野県知事賞受賞甘酒5選

2018年の甘酒鑑評会では、米、米麹、塩のみを使った甘酒48品(うち長野県産42)を対象に、15名の審査員による官能評価(色、味、香り、食感・のど越しに関わる17項目を3段階評価)が行われました。鑑評会の結果、上位5位に選ばれ、長野県知事賞を受賞した5つの甘酒をご紹介します。1~3は酒蔵が作った甘酒、4~5は主に味噌を作る会社の甘酒です。
蟻川先生曰く、「酒蔵では精米歩合(精米して残った割合)が30~70%の〝酒米〟を使っており、味噌蔵では精米歩合が90%程度のうるち米を使っています。原料、製法によって相当味の違いがみられます」とのこと。実際にどんな違いがあるのか、飲み比べてみましょう。

 神渡 造り酒屋のあまざけ/株式会社豊島屋

岡谷市の銘酒「神渡」を造る酒蔵。精米歩合は70%の酒米を用いた甘酒は、上品な米の香り、粒感の少ないのど越しの良さが高評。濃厚な甘さとコクのある味わいは、塩気のある漬物などと相性が抜群。

 






県人会員募集中

 家族会員、法人会員を

 募集中です。 

  ・長野県で生まれた人

  ・長野県で育った人

  ・信州が好きな人

  ・故郷を強く思い中京圏で活躍している現役の人など

  が集っています。

  名古屋長野県人会

  に参加してみませんか。

長野県PRキャラクター「アルクマ」©️長野県アルクマ

長野県人会応援して下さい!

当県人会運営に際しまして、ご理解ご支援ご協力を賜りお礼申し上げます。歴史ある長野県人会の更なる充実と発展のため会員様・法人企業様等からのご支援ご賛同をお願い致します。

長野県移住相談掲示板

長野県内のUターン・I ターン・空き家バンクの各種情報は

掲示板をご覧下さい。

県人会スマホ用URL

法人会員募集中です。

信州ハム株式会社

株式会社 中善酒造店

     FAX052-851-5405

長野県内の10地域を検索

    TEL 052-251-2121

   (転送電話)    

   FAX052-851-5405