Jimdoのブログ機能を使ってブログを書いてみよう

お知らせ


ダッシュボードにてジンドゥークリエイター が表示 / 編集できない

本日下記時間中に、一部の利用者さまのダッシュボードにて、ジンドゥークリエイターサイトが読み込まれず、編集ができない事象が発生していました。

現在対応を完了し、復旧していますことをご報告します。

続きを読む

メールサーバー情報について

平素よりジンドゥーをご利用いただき、誠にありがとうございます。

 

ジンドゥークリエイターの有料プランで提供しているメールサービスのサーバー情報について、後述の以前公開していたホスト名をご利用されている場合、設定値を更新していただく必要があります。

 

お手数おかけしますが、現在ご利用のメールクライアントでメールの送受信ができない場合は、設定値をご確認いただきますようお願いいたします。

続きを読む

25%OFFキャンペーン

2020年3月のジンドゥー25%オフキャンペーン
続きを読む

ジンドゥーライブチャット(アプリ)提供終了

平素よりジンドゥーをご利用いただきありがとうございます。

 

このたびジンドゥーでは 2020年4月30日 を以って、ジンドゥーライブチャット(アプリ)の提供、およびサポートを終了させていただくことになりました。

 

2017年の7月より提供しておりましたジンドゥーライブチャット(アプリ)は、移動中や外出先でもスマホやタブレットから即時に対応することができました。しかしながら、お客様にこれまで以上のプラス α の価値を提供するためには、本アプリ以外の開発に注力すべきと判断いたしました。

 

現在ライブチャット(アプリ)をご利用中のお客様には申し訳ございませんが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

なお、ライブチャット(アプリ)の代替サービスとして、他社サービスではございますが「HubSpot のチャットフロー」機能で実装が可能です。HubSpot の設定方法などは、下記をご参照ください。

 

Jimdoには、ブログ機能があります。みなさん使っていますか? 「使ってみたいけど、ブログ書けないなあ…」なんてかたはいらっしゃらないでしょうか?  

 

そこでブログを書くといっても、ただやみくもに書くよりも、効果的に書いたほうが読者に意図が伝わるはずです。今回の話は私なりのブログを書くための手段や方法について解説しています。

 

「ブログを書くのが得意でもない私が、どのようにしてブログを書いてきたのか?」「そもそもブログの書き始めはどうすればよいのか?」「文章の構成に悩む」といった問題を、自分なりの方法であらためて紐解き、ブログがうまく書けない人の悩みに答えることができれば、幸いです。

ブログを書く前にアイデアを整理する

ブログを書くときにありがちな失敗例として、「何も考えずに書き始めて支離滅裂な文章になってしまい、どう直せばいいのかわからない」というパターンが私の場合はよくありました。

 

そこで、やっぱり重要なのは「書く前に大筋を考えておく」ことです。

 

とはいっても、「それは分かるが、実はその大筋の部分が難しい」と思うかもしれません。本当にその通りです。ひとつの解決法として、なれるまでは型に当てはめて書いていくことをおすすめします。

 

型に当てはめて書いていくと、まず悩まない。次に何を書いていけばよいかがある程度わかります。その結果、脱線する恐怖がない。などの利点が生まれます。

 

私はブログを書く前に準備しておく大筋として、大きく以下の2つの項目が重要だと考えています。

 

ネタ取り

自分の中で旬な話題をピックアップする。話題をどう選ぶのか? どのように見せていくか?

 

構成

どういう順番で見せていくか? どういう構成がわかりやすいのか?

 

最低限この2つをしっかり押さえておけば、あまり悩まずに筆を進めることができるはずです。以下、項目ごとに説明していきます。

ネタ取り

まずは、ネタです。ネタがないとブログはなかなか書きづらいものがあります。では、どうやってネタを見つけるのが良いのでしょうか?

ジャンルや書く人の志向によって変わりますが、大きくわけてブログには次の2つの型があるように思います。

 

先取り型

まだ、実際には手にとって試してはいないが情報だけ先行してあるものや、ニュースとしてある情報をもとに独自の予想などを織り込んで情報の新しさで勝負するタイプ。

 

体験型

実際に手にとって試してみたり、筆者がとことん使いこんだ感想、リアルな経験をもとに深めの情報や、困っている人に有益な情報を提供するタイプのブログ。

 

大きくこの2つに分けられると思います。

私はここで最初は体験型のブログ、ネタから入るのをおすすめします。

 

この体験型のブログにも2段階あると思いますが、第1段階自分の仕事や日常からネタをみつけるのが簡単な導入になります。

 

さらに第2段階ではその第1段階のネタをミックスさせるとよいネタに変化しやすいです。そこでミックスさせた例を挙げます。

 

例えば、Jimdoで【みかん】の販売をしていて、商品である【みかん】のブログを書こうとします。すると第1段階のネタでは、おいしいみかんの見分け方や、おいしいみかんの食べ方などがネタとして考えられると思います。

でも、これってどうも普通のネタの感じがします。ここで、重要なのが次の式です。

 

A(例 みかん)+B 自分なりの何か

 

ここでいう自分なりの何かというのが重要で、体験などをすることでそのネタをみつけることに繋がってきます。

体験型のブログを書くにしても、ただその対象(みかん)だけを体験してブログにしてもいま一つ個性にかけてしまい、ネタとしての魅力が弱く感じられてしまうということです。

 

では、その自分なりの何かとは何でしょうか?

一つには、その人自身の体験です。その人独自の視点や個性でも良いかもしれません。では、体験をどう集めるのか? 日常の仕事や生活、体験で良いのだと思います。

 

そこで自分なりの何かをふまえてもう一度例に戻ると、

 

みかんの選び方+冷凍(例 昔よく見かけたけど、今でも冷凍みかんが好きでおいしいと考えた。)

=おいしい冷凍のみかんの選び方

 

みかんの食べ方+ジュース(例 毎日自分でしぼりたてジュースを作るくらいとても好き)

=ジュースにしたときにおいしいみかんはどれ?

 

こういったネタが挙げられると思います。

 

初期や自信がないときなど、体験をネタやブログにするには弱いと感じることがあります。そこでもうすこし体験を強く大きくする必要があります。

そのためには体験をストックすることが必要となり、それがアクションにつながります。

 

アクションとは、ストックした体験を自分で行っている仕事にまずは反映させてみたり、オンラインでもオフラインでも何かのセミナーやイベントに参加することなどにつながってきます。これらの行動で体験が自分一人で完結せず、コミュニケーションやグループといった他者も関わることにより、より大きな体験につながってきます。

 

これらの行動がひとつのサークルになり、ネタ取り、ネタ集めにつながってきます。

 

さらにネタを集めブログを書けば、読者からコメントをもらったりします。実はこのコメントが重要で、コメントから次のブログのネタにつなげることもできます。コメントには読者の要望であったり、そのブログでの不明点などをコメントに書いているはずです。

構成

ネタ取りがきまれば、次は構成です。おおまかな流れはこの3つだけです。

 

問題提起(=現状認識)

解決

提案

 

とこの3つで構成されています。

ネタも揃った、いざブログを書こうと思った時に、人はつい書きたいことを最初に書いてしまいがちなのですが、その場合、読者の心にスッと入っていくのは難しかったりします。

 

まずはじめに読者にブログを読んでもらうために必要なことは、これから書く問題や現状認識に共感してもらうことです。問題提起は、今こういった問題を抱えていませんか?と提起をします。それと同時に現状はこうですよね?という認識をしてもらう必要もあります。

 

次にその問題を解決します。さらにこういった提案もあります。と提案をします。さらなるワンポイントアドバイスだと思っておけば良いかも知れません。これで読者はそのブログを読んだ価値があったと思ってくれるはずです。

 

この構成で作者が伝えたい部分は解決部分です。しかし、解決部分を読者に伝えるには、最初の問題提起で誰の何の問題なのかをしっかり書き、共感を得ることが重要になります。

以上、前編としてブログを書く前の準備段階ともいえる、ネタ取りと構成について私なりの方法を紹介しました。

 

書くのが億劫でなく、書きたいことが山ほどある!という方には、別のやり方があるかもしれませんが、書かなければいけないが、どうにもブログが書けないというような人にはネタは自分の経験を活かす、構成は共感から解決というシンプルなやり方さえ守れば、それなりにブログは書けるはずです。

 

後編は、ある程度は書けたがどうも文章がまとまらない。一回書いて終わりのブログではなく、ブログはある程度継続しないと読者もつかないし、効果も出てこない。では、どうやって継続させればよいのか? についての解決方法についてご紹介する予定です。お楽しみに。

 

まだJimdoでブログを活用できていない人の書き始め方と魅せ方 後編ということで、前編ではブログを書く前に【アイデアを整理すること】ネタ取りの方法】構成の作り方】について私なりの方法を解説しました。

 

今回の後編では、実際に【文章を書くときに気をつけている簡単なルールや文字の使い方】についてのポイントと、もっとも重要なテーマ、【ブログを書き続けるための習慣づくり、継続方法】について解説したいと思います。

文章

文章の書き方について、このブログですべてを紹介するのは不可能なことだと思います。基本的に読む人にとってわかりやすい文章を書くこと、信頼度の高い文章を書くことが読者からの評価につながるはずです。

 

文章の基本的なルール、文字の使い方に関しては、記者ハンドブックという本が参考になるでしょう。手元に一冊置いておけば、何か困ったこと、分からない場合にすぐに確認ができます。

 

今回は、私自身が文章を書く際に気にしているポイントをここで紹介します。

 

・漢字とひらがなのバランスを気にしましょう。

 

これは感覚的な話になってしますが、私はブログを書き終わったあとにブログ全体を一度引いて見ることにしています。そうすることによって、ブログ全体の漢字とひらがなの分量のバランスが見えてくるはずです。

 

6 (ひらがな) : 4 (漢字)くらいのバランスが良いはずなので、調整してみましょう。さらにもっとこの感覚を身に着けたいと思ったら、プロのライターが書いている雑誌の紙面を眺めて漢字とひらがなのバランスはどうなっているか、気にしてみるといいかもしれません。

 

・改行の量に気をつけましょう。

 

最初のまとまりは5行で改行、次は10行で改行、次は2行で改行などのようにバラバラにならないようにできるだけ気をつけましょう。これも全体の字面のバランスにつながる話ですが、改行することで段落と呼ばれる一つのブロックになります。ブロックごとの面積があまりにもバラバラすぎるとパッと全体を見たときに、美しくないということです。

 

・形容詞+です。は避けましょう。

 

たとえば、この花瓶は高いです。の「高いです」の部分のことですが、このまま使うと少し稚拙な日本語として受け取られるケースが多いようです。ブログの文章として使うときに、おそらく表現的に安易すぎるという言い方もできるかもしれません。

 

例えば、この花瓶はとても高いです。を、この花瓶は目が飛び出るほどの価格です。や、この車は速いです。を、この車は風のように駆け抜けていきます。のように言い換えれば稚拙に受け取られないかも知れません。

 

・同じ言葉のくりかえしの使用はやめましょう。

 

同じ言葉の使い回しが続くとこれも稚拙に受け取られがちです。それを避けるためには、言い換えを意識して使うと良いかも知れません。例えば、お金を払うときになって、お金を払う係は私に決まりました。を、お金を払うときになって、支払いの係は私に決まりました。など言い換える工夫をしましょう。

 

・しゃべり言葉に近い感じで書いてみましょう。

 

いざ文章を書こうとすると妙に肩に力が入ってしまい、ちょっと構えた文章を書いてしまったことはありませんか。ブログなので基本的には、しゃべり言葉に近い感じで書いてあるのが良いと思います。そこで急にふだん使わないような難しい言葉や言い回しを使わないように注意しましょう。例えば「乖離している。」など日常的に使わない言葉は使わないようにして「かけ離れている」などに替えてみましょう。

 

・~ですね。は中には嫌がる人もいます。気をつけましょう。

 

ブログの内容、読者によってはあまりに距離が近い感じがする、~ですね。は優しい語感というよりも、なれなれしいと捉えられる可能性もあるということを知っておくと良いかも知れません。通常、実際に初対面で会う人間に対して、ですね。をどの程度使うのか、もう一度考えてみると良いかも知れません。ここは、~です。で良いと思います。

 

・ブログのファンが増えたら、スタイルをこわすのもアリです。

 

ブログ読者のファンも増えてきたと実感でき、長期間ブログを書けるようになってきた頃、作者にもそろそろ飽きが出てくるのではないでしょうか。その飽きは読者にも文章から感じ取れるはずです。そういう時こそ、これまでの自分のスタイルを壊して新しいスタイルで書いてみるのも新鮮で読者も喜ぶはずです。

 

・丁寧に文章を書くことを心がけましょう。

 

「ブログの読者は自分が伝えようとしていることについて、共通の認識をほとんどもっていない」という前提で書くのがおすすめです。実際にそうであるかは、わかりませんが、私はそれくらい丁寧に書くことを意識しています。丁寧に書くイコール情報量になりますし、読者はそこに価値を感じてくれるはずです。ただし、書くことは大変気力・体力がいることです。そこで問題になってくるのが、次の項目で説明する継続になります。

継続

ブログを1本うまく書きあげても、継続していくことが一番むずかしかったりします。こちらも自分自身で気をつけているポイントをいくつか紹介します。

 

・いつもネタをストックしておく

 

いざブログを書こうと思っても、なかなかネタがでてこない、思い出せないなんてことはあるはずです。であれば、日常的に何か気づいたこと、ネタになりそうだと思ったことは、すぐにメモしておくと良いでしょう。普通のノートでも、デジタルでパソコンやスマホのメモアプリに残すのでも良いでしょう。

 

・1日15分でも書けるように時間をつくってみましょう。

 

継続に大事なことは、日課にすることです。書くことに対する抵抗をなくしていくしかないと思います。であれば、一日に15分でも良いのでブログを書きましょう。少しづつでもブログが出来上がってくると、終わりまで書けてしまうミラクルな時間ができてきたり、一歩引いた冷静な目で自分の書いたブログを判断できたりする時間も生まれます。

 

・気持ちがノッて文章をかける時間を作ってみましょう。

 

1日15分ブログを書ける習性がついてきたら、そろそろ、もう少し時間があれば1本まるまる書けそうな気になってくるはずです。そういう時は、チャンスです。気持ちがノッてブログを一気に書き切ることができるかもしれません。

 

私の場合は、気持ちをノセるためにヘッドフォンをして好きな音楽を聞きながら書き始めることが多いです。しばらくして音楽が気にならなくなった時は、文章を書くことにノッているときだというのがわかるのと、やっぱり外の音が聞こえないほうが集中はできる気はします。

 

・ノッてきたら一気に書き切りましょう。

 

ブログを書く上で、ノルこと(集中できること)がなんだかんだで大事な気がします。ブログを書くことは気力・体力がいることです。であれば、ノッている時にひとまず一気に書き切ったほうが良いはずです。その時は不思議とそれほど疲れないはずです。何日も何時間も唸りながらブログを書くのはとても疲れます。

 

・書き終わった後は、もちろん見直しをして修正しましょう。

 

私の場合は、実は書く分量と修正の分量でいうと、実は修正の分量のほうが多かったりします。それくらい、最初に書く文章は勢いで書きます。その文章を改めて見直し、足りない部分を補足していく感じで書いています。

 

・モニターで見るだけでなく、紙に印刷できる環境があれば紙の上で見直しをしましょう。

 

これも、かなり重要なことでしょう。通常ブログを書く時は、モニターを通して書いているはずなので、とくに紙に出す必要性は感じないかもしれません。しかし、不思議なことに紙に出して見るとモニターで見ていた時と違った点が多々見えてきます。その気になった点を修正していくのがいいと思います。

 

・声に出して文章を読むと間違えに気づくことが多いです。

 

紙に出して確認修正するのと同じことですが、声に出して文章を読むと、時にこれまで挙げたおかしな点、とくに文章の項目での稚拙な表現等に気づきやすいです。目での確認だけですと、見落としてしまうことは結構あると思います。

テクニックとまでは言えませんが、書く前の準備から書く時に直面する問題への対処法、書いたあとにどうブラッシュアップしていくか、継続方法の紹介までひと通り、私の経験を通して身につけたこと、感じたことをブログにしてみました。

 

Jimdoで、「ホームページは作成したことはあるけど、ブログは利用したことがない」という方や、「ブログを書こうとはしたけど、あきらめてしまった」人などに、ぜひ今回のブログを読んでいただいて、もう一度Jimdoのブログ機能を使ってブログを書いてみようと思うきっかけになればと思います。

 

 新型コロナウイルス感染拡大防止対策における、イベントや行事の中止や延期、施設の利用制限、学校関係に関する情報等については、ホームページでご案内しています。国や長野県の情報、いざという際の連絡先なども掲載しています。こちら をご覧ください。

長野県PRキャラクターアルクマ©️長野県アルクマ

長野県人会員募集中です

会員、家族会員、法人会員を

募集中です。 

  ・長野県で生まれた人

  ・長野県で育った人

  ・信州が好きな人

  ・故郷を強く思い中京圏で活躍している現役の人など

  が集っています。

  名古屋長野県人会

  に参加してみませんか。

長野県PRキャラクター「アルクマ」©️長野県アルクマ

名古屋長野県人会を応援して下さい

当県人会運営に対し、ご理解ご支援ご協力を賜りお礼申し上げます。当会の歴史ある長野県人会の更なる充実と会発展のため会員様・法人企業様等からのご支援ご賛同をお願い致します。

長野県移住相談掲示板

県人会HPスマホ対応

頑張れ!御嶽海!2020年

御嶽海後援会のツアー中止

松本山雅 頑張れ!

長野県人会 法人会員紹介

 法人会員募集中です。

長野県PRキャラクター「アルクマ」©️長野県アルクマ

法人会員リンク先は「絆のページ」をご覧下さい。(順不同)

原啓印刷株式会社

NPO法人

 アジア志民交流協会

長野県人会会員ブログ 

に会員の皆さん、ブログ記事

を事務局まで投稿して下さい。

  電話、FAX

  052-251-2121

     までご連絡下さい。

    メールでも受付中です。   

Facebook名古屋長野県人会を立ち上げた会員を探しています。事務局までお申し出下さい。

HP内の記事・写真等の無断転用転載を禁じます。

HPの相互リンクは自由です。

リンクする場合はトップページに限ります。