天皇杯第25回全国男子駅伝 長野チーム8回目優勝

大会新 中高生が快走 都道府県男子駅伝

 

 

 

 広島市の平和記念公園前を発着点に繰り広げられた「第25回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会」で、史上最多となる8回目の優勝を果たした長野県チーム。これまでの記録を1分32秒縮める2時間17分11秒の大会新記録で、2位と17秒差をつけての優勝となった。6区を走った吉岡大翔選手(川中島中)が区間記録を更新するなど、中学生や高校生の活躍が光った。 昨年末の全国高校駅伝で活躍した高校生がそろう一区に、越陽汰選手(佐久長聖高)が起用された。七キロ区間の残り500メートルで宮城、大分などが猛烈なスパートを仕掛ける中で遅れ、十位でたすきをつないだ。 二区を任された小田切幹太選手(宮田中)は区間三位タイの好走で、三区の春日千速選手(ヤクルト)に四位で引き継いだ。春日選手は六位集団の中でレースを進めたが徐々に遅れ、一位と36秒差の十五位まで後退した。 四区と五区は、全国高校駅伝で三位入賞を果たした佐久長聖高の木村暁仁選手から宇津野篤選手へのリレー。木村選手が順位を七つ上げ、一位と25秒差の八位に浮上した。 続く宇津野選手が六位集団から一人抜け出し、4キロ付近で三位集団を捉えた。そのまま二位を走っていた佐賀の選手ものみ込んで二位集団を形成。最後は顎を上げて苦しそうな表情を見せながらも、五人抜きで三位まで順位を上げた。 六区の吉岡大翔選手が1・4キロ付近でトップに躍り出ると、そのまま独走。他を寄せ付けない快走で、区間記録を7秒更新。最終七区の中谷雄飛選手(早稲田大)も後続を振り切り、トップでゴールテープを切った。この記事は中日新聞長野版をお借りしています。

 新型コロナウイルス感染拡大防止対策における、イベントや行事の中止や延期、施設の利用制限、学校関係に関する情報等については、ホームページでご案内しています。国や長野県の情報、いざという際の連絡先なども掲載しています。こちら をご覧ください。

長野県PRキャラクターアルクマ©️長野県アルクマ

長野県人会員募集中です

会員、家族会員、法人会員を

募集中です。 

  ・長野県で生まれた人

  ・長野県で育った人

  ・信州が好きな人

  ・故郷を強く思い中京圏で活躍している現役の人など

  が集っています。

  名古屋長野県人会

  に参加してみませんか。

長野県PRキャラクター「アルクマ」©️長野県アルクマ

名古屋長野県人会を応援して下さい

当県人会運営に対し、ご理解ご支援ご協力を賜りお礼申し上げます。当会の歴史ある長野県人会の更なる充実と会発展のため会員様・法人企業様等からのご支援ご賛同をお願い致します。

長野県移住相談掲示板

県人会HPスマホ対応

頑張れ!御嶽海!2020年

御嶽海後援会のツアー中止

松本山雅 頑張れ!

長野県人会 法人会員紹介

 法人会員募集中です。

長野県PRキャラクター「アルクマ」©️長野県アルクマ

法人会員リンク先は「絆のページ」をご覧下さい。(順不同)

原啓印刷株式会社

NPO法人

 アジア志民交流協会

長野県人会会員ブログ 

に会員の皆さん、ブログ記事

を事務局まで投稿して下さい。

  電話、FAX

  052-251-2121

     までご連絡下さい。

    メールでも受付中です。   

Facebook名古屋長野県人会を立ち上げた会員を探しています。事務局までお申し出下さい。

HP内の記事・写真等の無断転用転載を禁じます。

HPの相互リンクは自由です。

リンクする場合はトップページに限ります。