馬籠宿も「日本遺産木曽路」

馬籠宿も「日本遺産木曽路」

 県境越えて追加登録へ

 

島崎藤村宅跡に立つ藤村記念館(左)。多くの観光客が訪れている=13日、岐阜県中津川市馬籠

 

 木曽地域文化遺産活性化協議会(会長・向井裕明木曽郡南木曽町長)が、木曽郡6町村と塩尻市をエリアとする「日本遺産木曽路」に岐阜県中津川市の馬籠(まごめ)宿周辺を加える方針を固めたことが分かりました。12月中に正式決定した上で、日本遺産を構成する文化財に、馬籠にある文豪島崎藤村の生家跡を追加する申請を来年1月、文化庁に出す予定です。
 馬籠宿を含む旧木曽郡山口村が2005年、中津川市に越県合併。旧中山道の「木曽11宿」のうち、馬籠宿を除く長野県側のみで申請し、16年に県内初の日本遺産に認定された。文化庁は来年5月に追加申請の審査結果を公表。同庁の担当者は「これまで追加申請を認めなかったことはない」としており、木曽路全体が日本遺産となる見通しです。
 南木曽町教育委員会によると、2016年には、県境をまたぐ調整は時間がかかるなどの理由で、馬籠宿がある中津川市との合同申請は見送りました。その後、長野、岐阜両県の観光、文化財関係者から「馬籠もエリアに加わる方が良い」といった声があったといいます。
 長野側の木曽路が日本遺産に登録されたことを受けて脱会していた馬籠観光協会が、木曽地域の観光団体などでつくる木曽観光連盟に今年5月、再入会し、融和ムードが進んでいました。
 木曽路のPRなどを担う同協議会は本年度、長野側7市町村の担当者らによる部会で、現在39件からなる構成文化財の見直しを検討。日本遺産としての正式名称「木曽路はすべて山の中」は、藤村の長編小説「夜明け前」の書き出しであることから、「藤村宅跡は欠かせない」とまとまったといいます。
 藤村宅跡は馬籠宿のほぼ中央にあり、母屋は明治の大火で焼失したが、江戸末期に建築された隠居所は現存。敷地と建物は岐阜県史跡。敷地内には藤村記念館が立っています。
(12月15日付朝刊 信濃毎日新聞記事引用しています)

 

 新型コロナウイルス感染拡大防止対策における、イベントや行事の中止や延期、施設の利用制限、学校関係に関する情報等については、ホームページでご案内しています。国や長野県の情報、いざという際の連絡先なども掲載しています。こちら をご覧ください。

長野県PRキャラクターアルクマ©️長野県アルクマ

長野県人会員募集中です

会員、家族会員、法人会員を

募集中です。 

  ・長野県で生まれた人

  ・長野県で育った人

  ・信州が好きな人

  ・故郷を強く思い中京圏で活躍している現役の人など

  が集っています。

  名古屋長野県人会

  に参加してみませんか。

長野県PRキャラクター「アルクマ」©️長野県アルクマ

名古屋長野県人会を応援して下さい

当県人会運営に対し、ご理解ご支援ご協力を賜りお礼申し上げます。当会の歴史ある長野県人会の更なる充実と会発展のため会員様・法人企業様等からのご支援ご賛同をお願い致します。

長野県移住相談掲示板

県人会HPスマホ対応

頑張れ!御嶽海!2020年

御嶽海後援会のツアー中止

松本山雅 頑張れ!

長野県人会 法人会員紹介

 法人会員募集中です。

長野県PRキャラクター「アルクマ」©️長野県アルクマ

法人会員リンク先は「絆のページ」をご覧下さい。(順不同)

原啓印刷株式会社

NPO法人

 アジア志民交流協会

長野県人会会員ブログ 

に会員の皆さん、ブログ記事

を事務局まで投稿して下さい。

  電話、FAX

  052-251-2121

     までご連絡下さい。

    メールでも受付中です。   

Facebook名古屋長野県人会を立ち上げた会員を探しています。事務局までお申し出下さい。

HP内の記事・写真等の無断転用転載を禁じます。

HPの相互リンクは自由です。

リンクする場合はトップページに限ります。